質的研究について

この研究会は、移住者の方のお話を聞くところから始まりました。

 移住者の方にお話を伺うとき、私は「質的研究」という方法を用いています。「質的研究」というと、〇〇研究方法、あるいは〇〇分析法、といった研究の方法や分析の手順を思い浮かべる方が多いかと思います。ですが、「質的研究」は単なる方法(method)ではなく、研究の理論的立場を含めた「方法論(methodology)」です。

 


質的研究の目的

たとえば、研究の例をご紹介しましょう。これは「2016年度日本語教育学会教師研修(八木真奈美)」において使用したスライドの一部を修正したものです。 

 

ラーメンについて研究をするとします。どのような研究方法があるでしょうか。


ラーメンは好きですか? 

あなたにとってのラーメンとは?


 

「ラーメンは好きですか?」

 

左側の質問を、仮に東京で100人に聞いたとします。「はい」と「いいえ」と答えた人の人数を数え、割合を出します。その結果、東京の〇〇%の人が「ラーメンが好き」、〇〇%の人は「ラーメンが嫌い」という結果が導き出されます。

 

同様に、札幌や博多で聞くこともできるでしょう。あるいは醤油、塩、味噌など、味の好みについて聞いてもいいでしょう。これはどのぐらいの人が、どのようなラーメンが好きかということを知りたいという研究です。

 

「あなたにとってラーメンとは?」

 

右側の質問の答えは、人によってさまざまで、おそらく数を数えたり、割合を出したりすることはできないでしょう。

なぜなら、この質問は、「その人にとってのラーメンの意味」を聞く質問だからです。

 

私が行っている質的研究は、単純化すれば、この「あなたにとってラーメンとは?」のような問いを立てる研究です。

人数を数え、割合を出し、一般化して傾向を見るという立場からの研究ではなく、さまざまな事象に対し、その意味や経験から人間を理解していく研究です。